医師 求人
専門の“医師求人サイト”がおすすめ!
転職するなら、専門の“医師求人サイト”が
Read more.
医師 求人
医者が言う「大丈夫」
           
Read more.
医師 求人
風邪の処方方法について
      患者さんによってはこの自動化
Read more.

ブログ記事

骨粗鬆症を診断する骨量検査について

投稿日:2019年8月29日 更新日:

骨量検査というより、骨密度検査と聞くほうが耳慣れているかと思います。骨量検査というのは、骨に含まれるカルシウムなどのミネラル成分の量を調べて、骨の強さを推定する検査のことでだそうです。20歳~44歳の平均値を基準としていて、その何%なのかを数値として出しているそうです。通常はYAM80%未満を要注意、YAM70%未満を骨粗鬆症疑いとしているそうです。

測定原理、測定部位、骨量の指標、測定精度、測定時間、被ばく線量など測定方法によって、基本性能がことなるそうです。それぞれの測定法応じて、中手骨、橈骨、腰椎、膝蓋骨、大腿骨、脛骨、踵骨などが対象となるそうです。腰椎のDMA法が現在の骨量測定の標準になっているそうです。手軽さと被爆がないということで超音波法が健診では多くなっているそうです。骨量が少なくなっている状態である骨粗鬆症やその手前の低骨量を見つけることができるそうです。骨粗鬆症とは骨量が減少してしまい骨の微細構造が劣化することによってもろくなってしまう状態のことだそうです。骨折しやすくなるそうです。軽度の場合は栄養指導、生活指導などがおこなわれるそうです。

日常生活の改善が望まれるそうです。食事や運動習慣など見直してほしいそうです。骨量が減少している原因を調べるということもするそうです。精密検査などを受けて、適切な薬物療法をうけることになるそうです。骨量の評価方法としては、MD法、DIP法、CXD法、SXA法、DXA法、QCT法、超音波法などがあるそうです。関連する検査としては、電解質検査、各種ホルモン検査、単純X線撮影、X線CT、MRIがあるそうです。基準値を外れたら骨粗鬆症以外にも多発性骨髄腫やカルシウム代謝異常などが疑われるそうです

 

 


管理人/りこ

管理人/りこ

【管理人からの一言】 りこです! このサイトでは、医師求人専門の人材コーディネーターである私が、最近の医師業界についての色んな情報をまとめていきます。「普段から医師の皆様と接する機会が多い私だからこそ!」みたいな情報をお届けできればいいなぁと❤ 転職の相談はこのサイトでは承ってないのでご了承くださいね!


 


 
【免責事項】 当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者様が下した判断や行動によりいかなる結果や損害が発生した場合においても、サイト運営元は責を負いません。当サイトに掲載している情報は掲載した時点の内容となっております。そのため事前予告を行うことなく情報の修正を行う場合や、時間経過によって情報が実際の状況と異なってくる場合等がございます。諸々ご了承の上での情報の閲覧をお願いいたします。


 

 

-ブログ記事

Copyright© 医師求人専門の人材コーディネーターが聞いてきた、医師業界の今 , 2019 All Rights Reserved.