医師-求人
医師はどんなことを考えているの?
  「お医者さんはどうしてそんなに  急
Read more.
医師 求人
医師のバイト探し
           
Read more.
医師 求人
医者が言う「大丈夫」
           
Read more.
医師 求人

ブログ記事

身だしなみについて

投稿日:2019年2月1日 更新日:

医者の中には、多忙であるということを言い訳にするなどして、ヨレヨレだったり、汚れている白衣を着ている医者がいます。

そもそも、身だしなみは、社会人としての大切なルールです。医者でも会社員でもそこは変わらないのではないでしょうか。

そして、身だしなみについて

「患者さんは病気にかかったり、命をかけての手術という人生において大変大きな出来事が起き、病院に来ているわけです。患者さんの家族にとっても、大切な人の命がかかったとても大切な手術です。その際に、ヨレヨレで汚い白衣を着た医者が担当医ですと名乗ったら、どう思うかだろうか。そんな医者に自分の命を安心して預けようと思ってくれるだろうか。」

という言葉を前に勤務していていた病院の外科医が言っていました。その時から強く共感し、今でも心に深く残っている言葉です。

身だしなみは、礼儀という意味合いももちろんありますが、医者にとっての白衣とは「戦闘服」みたいなものなのです。会社員のスーツと同じで、営業や取引先に行く際にはビシッとスーツを着て行きますよね。それと同じです。

勤務時間外でオフ際の医者は、だらしなかったり酒飲みだったりしてもそれは個人の性格なのでいいのかもしれませんが、戦闘服に袖を通した瞬間には仕事モードに切り替える必要があります。大げさに言えば「超人」にならなければいけません。患者さんの悲しみや苦しみ、痛み、辛さ、不安などすべてを受け止めて、自分というものを封印し、患者さんのために働き、唯一医者としての喜びは患者さんが元気に帰ってくれること、患者さんの幸せに貢献できることであるでしょう。少し大げさかもしれませんが、医者である以上本気でそう思うべきなんじゃないかと考えています。

また、身だしなみでもう一つ気を付けたいことが、髪の毛やひげなどの、見た目です。医者は忙しくて家に帰れないことも多く、病院に泊まらざるを得ないときもあります。そのような日々が重なり、髪を洗っていなかったり、ひげが伸びていたりと明らかにだらしない見た目の医者もいます。

病院は病人を扱っているわけですから、清潔感も非常に大切です。免疫力が弱まっている患者さんも多いので、不潔さは医者として相応しくありません。

いくら良い先生で、一生懸命治療をしてくれる先生でも、身だしなみが整っていないと、自己管理がきちんとできないのではないかなど医者としての信頼も失ってしまうかもしれません。たとえ、普段の性格がだらしなかったとしても、戦闘服である白衣を着た際には、きちんと医者として医者らしい対応ができるよう、患者さんからも立派な先生に見えるよう、身だしなみにも細心の注意を払うべきだと思います。

 

 


管理人/りこ

管理人/りこ

【管理人からの一言】 りこです! このサイトでは、医師求人専門の人材コーディネーターである私が、最近の医師業界についての色んな情報をまとめていきます。「普段から医師の皆様と接する機会が多い私だからこそ!」みたいな情報をお届けできればいいなぁと❤ 転職の相談はこのサイトでは承ってないのでご了承くださいね!


 


 
【免責事項】 当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者様が下した判断や行動によりいかなる結果や損害が発生した場合においても、サイト運営元は責を負いません。当サイトに掲載している情報は掲載した時点の内容となっております。そのため事前予告を行うことなく情報の修正を行う場合や、時間経過によって情報が実際の状況と異なってくる場合等がございます。諸々ご了承の上での情報の閲覧をお願いいたします。


 

 

-ブログ記事

Copyright© 医師求人専門の人材コーディネーターが聞いてきた、医師業界の今 , 2020 All Rights Reserved.