医師-求人
医師はどんなことを考えているの?
  「お医者さんはどうしてそんなに  急
Read more.
医師 求人
医師のバイト探し
           
Read more.
医師 求人
風邪の処方方法について
      患者さんによってはこの自動化
Read more.
医師 求人

ブログ記事

医者が言う様子を見ましょうという真意について

投稿日:2019年1月23日 更新日:

医者は、診察して、しばらく様子を見てみましょうということもよくあります。しかし病名がつかないと不安であるという患者さんはよくいます。なぜ、医者は明言してくれないのだろうと不安に思っている患者さんが多いのです。

しかし、医者からしてみると、なぜ、病名がつかないと不安なのだろうか、と患者さんの気持ちがあまりわからないのです。

調子が悪くて病院にかかったときに、病名がつかないことはよくあります。今まで経験したことのないような痛みや、症状が続いているが、検査の結果は異常なしと出たため、では、いったいこの不調の原因はなんだろう、見つかっていない大きな病気があるのではないだろうかと患者さんは不安に思います。自分はどこが悪いんですかと医者に尋ねたくなるでしょう。

そして、それに対して医者は、「ひとまず、様子をみましょう」と答えることが多いと言います。

実は医者からすると、はっきりと病名を断言できることは、それほど多くなく、病名を言いづらいことのほうが多いのです。患者さんは病名をはっきり言ってほしいけれど、医者は病名を言いづらい、というように患者さんと医者の間に大きな認識のズレが生じています。

では、なぜ、医者は病名を言いづらいのでしょうか。病名を断言できない理由として、診断というものはなかなか確定しづらいという点が一つです。病名をズバリこの病気ですというように断定するのは容易ではないのです。おそらくこれだろうとは言えるがはっきりと断定してしまうのは難しいのです。

これは、がんでも風邪でも同じことです。

また、診断基準というものもあり、10項目のうち6つ以上を満たしたら、初めて、病気である診断しても良いなどという基準があります。しかし、この基準も日本とアメリカで異なったりと、診断を断定することがいかに難しいことなのかが、このことからもよくわかります。

二つ目の理由は、初期の段階で患者さんにはっきりと病名を伝えて、後からその病気ではなかったとわかったら医師としての信頼を失ってしまうからです。当初見込んでいた病名と後からわかる病名が異なることは実は医者にとってはよくあることなのです。病気は初期段階よりも時間が経つにつれ症状が進行を確認できたり、その病気に対する情報量が多くなっていきます。

それから診断した方が圧倒的に正確な診断が出せるのです。医者にとって大切なのは病名を当てることではなく、患者さんのつらい状況が少しでもよくなるように努めることを目的として診療をします。医者の使用する「様子を見ましょう」という言葉は何もせず、放っておきましょうという意味ではなく、時間が経てばわかってくることも多くなってくるので、その時々で判断し、治療していきましょうという意味なのです。

 

 


管理人/りこ

管理人/りこ

【管理人からの一言】 りこです! このサイトでは、医師求人専門の人材コーディネーターである私が、最近の医師業界についての色んな情報をまとめていきます。「普段から医師の皆様と接する機会が多い私だからこそ!」みたいな情報をお届けできればいいなぁと❤ 転職の相談はこのサイトでは承ってないのでご了承くださいね!


 


 
【免責事項】 当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者様が下した判断や行動によりいかなる結果や損害が発生した場合においても、サイト運営元は責を負いません。当サイトに掲載している情報は掲載した時点の内容となっております。そのため事前予告を行うことなく情報の修正を行う場合や、時間経過によって情報が実際の状況と異なってくる場合等がございます。諸々ご了承の上での情報の閲覧をお願いいたします。


 

 

-ブログ記事

Copyright© 医師求人専門の人材コーディネーターが聞いてきた、医師業界の今 , 2020 All Rights Reserved.