医師 求人
専門の“医師求人サイト”がおすすめ!
転職するなら、専門の“医師求人サイト”が
Read more.
医師-求人
医師はどんなことを考えているの?
  「お医者さんはどうしてそんなに  急
Read more.
医師 求人

ブログ記事

風邪に対する医者と患者の認識の違い

投稿日:2019年1月16日 更新日:

電子カルテで使用している「風邪ボタン」というシステムは機械が発達した最近のことではなく、昔からあったシステムだということです。

昔は、「約束処方」と呼んでいたそうですが、このような症状の患者さんにはこういう処方をしましょう。そうすれば、医師も薬剤師も間違えることはありません。という間違えないことを「約束」された処方箋です。

患者からしたら、やはり、一人一人を診てほしいと思うところかもしれませんが、この方法は一見、手抜きをしているように見えても、実は、間違いと手間を減らすという重要な意味があります。まず、医者がいつも違うパターンの診断をして処方をすれば、薬剤師さんは調剤を間違えやすくなってしまいます。

また、看護師さんにとっても、薬が毎回違うことによって薬の説明の補助を誤ってしまう可能性も高くなります。そのため、約束処方を使用すれば、一人当たりの診察にかかる時間や手間がだいぶ省力でき、業務効率化につながるのです。

その結果、患者さんの待ち時間が減ると考えると、約束処方という方法も、患者さんにとっても、必ずしも悪いものではないと考えられます。しかし、風邪の症状で、病院にかかると、軽くあしらうような態度をとられることもあります。

医者が風邪の患者さんに若干雑な態度を示すことには理由があります。それは「風邪は薬では治らない」という医者にとっての常識があるからなのです。

患者は、病院で治してもらおうと思い通院する人がほとんだと思いますが、まず、風邪に対して医者と患者では根本的に考え方が違うのです。なので、約束処方という手段でも、医者的には何の問題でもなく、です。

 

 


管理人/りこ

管理人/りこ

【管理人からの一言】 りこです! このサイトでは、医師求人専門の人材コーディネーターである私が、最近の医師業界についての色んな情報をまとめていきます。「普段から医師の皆様と接する機会が多い私だからこそ!」みたいな情報をお届けできればいいなぁと❤ 転職の相談はこのサイトでは承ってないのでご了承くださいね!


 


 
【免責事項】 当サイトに掲載しております情報にもとづき閲覧者様が下した判断や行動によりいかなる結果や損害が発生した場合においても、サイト運営元は責を負いません。当サイトに掲載している情報は掲載した時点の内容となっております。そのため事前予告を行うことなく情報の修正を行う場合や、時間経過によって情報が実際の状況と異なってくる場合等がございます。諸々ご了承の上での情報の閲覧をお願いいたします。


 

 

-ブログ記事

Copyright© 医師求人専門の人材コーディネーターが聞いてきた、医師業界の今 , 2020 All Rights Reserved.